リビングとダイニングを広くすると寒くて、暖房がききません。

リビングとダイニングは広いのが夢でした。
大家族でものびのびと過ごせるように、リビングとダイニングはくっつけて、かなり広めにゆったりと作りました。

そうすることで、お友達を呼んでも広く使えると思ったからです。
しかし大誤算がありました。

広いのはいいのですが、広すぎて冬が寒く感じます。
もともと一軒家は寒いです。

マンションなどに比べると冷暖房がききにくいのは聞いていたのですが、ここまで寒いとは思いませんでした。
広すぎて、暖房があまりきかず、何だか無駄なことをした気分です。

夏の冷房はまだきいている感じもしますが、暖房は暖かい空気が上に行くので、ききも悪い気がします。
これではお友達を呼んでも寒くて、呼ぶわけにも行きません。

そしてゆったり広々とできますが、ただだだっ広くそれがよけいに寒さを感じさせます。
ただ広いのがいいのではなく、もう少し考えればよかったと思います。

寒いのが苦手なのに、どうしてこうなってしまったのか…とも思います。
そして床暖房を入れていなかったことも後悔です。

暖房機があれば大丈夫と思っていたのが、失敗でした。
床暖を入れていればもう少し温かさも違ったかもしれません。

今更床暖房工事は出来ず、失敗だと感じます。

購入はこちら>>>>>結城市 新築一戸建て