玄関ドアをガラスの入ったものにしなかったために玄関が暗くなった

玄関ドアを選ぶときにガラスが入っていないものにしましたが、せっかくの南向きも台無しの年中薄暗い玄関になってしまいました。

ガラスが入ったものだと、外から中の様子が見られているようだし、防犯上もよくないという思いからだったのですが、大失敗でした。

我が家は築10年ですが、リフォームしたい箇所第一位が玄関です。

日当たりが悪いせいで新築祝いでいただいた観葉植物もあっという間に枯れてしまいました。

子供たちがサッカーをしているので、玄関に汗をいっぱい吸ったスパイクや練習道具をおくとなんだかじめっとした匂いがずっとただよっています。

匂いは採光ではどうにもなりませんが、気分的に違う気がします。

机の上で見る間取り図からはその場所の明るさや風の通り道など見えないことがたくさんあります。

なかなか難しいですが、実際に住み始めた時のことをできるだけ想像して選択をしてきたもののどうしてもパーフェクトな家はできないものです。

自分にとってパーフェクトな家を建てるには、家を3軒建てなければならないそうです。

失敗をもとに再チャレンジではなく、再再チャレンジだそうです。

ただ、普通の人は生涯で1軒の家を購入し住み続ける方が大半ではないでしょうか。

初めての買い物でパーフェクトはなかなか難しいもの。

我が家はリフォームを検討し、明るい玄関を手に入れたいと思います。

お世話になってるサイト>>>>>函館市の注文住宅